<< 太陽の下の17歳 西炯子作品集 / 西炯子 | main | 舟を編む / 三浦しをん >>

謎解きはディナーのあとで / 東川 篤哉

2011.04.29 Friday
0
    謎解きはディナーのあとで
    謎解きはディナーのあとで東川 篤哉

    小学館 2010-09-02
    売り上げランキング : 65


    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    内容説明
    執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理!
    ミステリ界に新たなヒーロー誕生! 主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子ですが、彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは、なんと日本初!?の安楽椅子探偵、執事の影山です。 彼は、いくつもの企業を擁する世界的に有名な「宝生グループ」、宝生家のお嬢様麗子のお抱え運転手です。本当は、プロの探偵か野球選手になりたかったという影山は、謎を解明しない麗子に時に容赦ない暴言を吐きながら、事件の核心に迫っていきます。
    本格ものの謎解きを満喫でき、ユーモアたっぷりのふたりの掛け合いが楽しい連作ミステリです。
    JUGEMテーマ:小説全般

    2011年本屋大賞 大賞受賞作品。
    本屋大賞にノミネートされてから本屋さんに行けば宣伝パネルや平積みしてあるのが嫌でも目につき。
    表紙のイラストが中村佑介氏で執事っていうので気になっていました。
    そして購入することを決定させたのは小学館の書籍宣伝サイトで流れる執事のボイスが櫻井孝宏さん(某執事アニメで演じてられましたよね)だったということ。


    本編の感想としては表紙負けしてしまっている気がする。
    中村佑介氏は沢山のカバーイラストを手掛けていて売れてる本が多いので読む前から期待してしまったのもある。
    短編で事件が執事とお嬢様の謎解きの部分で話が終わっちゃってるのが残念、会話が多く説明ばかりで難しい話よりは読みやすいです。
    キャラクターの個性が強く小説よりは漫画で読みたい内容でした。


    最近、活字読んでないな活字読んでみようかなという人にはおススメ。
    私はそう思って読みやすいかなと思い購入しました。

    アニメで黒執事が好きな人はうっかり手に取ってしまってるのではないでしょうか。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    booklog
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」