<< 謎解きはディナーのあとで / 東川 篤哉 | main | そして続きがあるのなら / 内田 カヲル >>

舟を編む / 三浦しをん

2011.10.02 Sunday
0
    舟を編む舟を編む
    三浦 しをん

    光文社 2011-09-17
    売り上げランキング : 334

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    内容紹介 玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか──。言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。
    著者がブログで辞書小説っておっしゃってたので、辞書小説って何だ?と思い読みはじめました。
    勝手に舟が出てくる話かと思ってましたが、辞書編纂に携わった編集者たちの恋愛と発行に至るまでの物語でした。
    主な登場人物にスポットがあてられ、視点が変わり話が進んでいくのがおもしろかったです。
    会話やツッコミが面白くてニヤニヤして読みました。
    夏目漱石のこころ に対するツッコミはさすが三浦先生、腐女子の意見です。
    作中に出てくる知らない単語を調べたりしつつ読んでしまった。
    辞書って深いです。見えない努力があるんですね。
    最近は、辞書は使ってないなパソコンがあればインターネットで足りてしまいますもんね。
    カバーがまさに作中で発行しようとしてる大渡海なんです、おもしろいな〜。
    帯とカバー下の雲田先生のイラストが良いです。連載で読めばよかったな

    人気ブログランキングへランキングに参加中。1日1クリックお願いします!

    JUGEMテーマ:小説全般


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    booklog
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」