<< シンメトリー (光文社文庫)" / 誉田 哲也 | main | ピンクとグレー / 加藤 シゲアキ >>

インビジブルレイン / 誉田 哲也

2012.02.19 Sunday
0
    インビジブルレインインビジブルレイン
    誉田 哲也

    光文社 2009-11-19
    売り上げランキング : 1398

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    もはやドラマとは別物と考えた方がいいのか、ドラマは順番も色々めちゃくちゃですね。
    原作よりが良かったなと個人的な意見です。
    西島さんの菊田は素晴らしいのですがね、むしろ西島さんの菊田が好き。

    JUGEMテーマ:警察小説
    この話の中に出てくる牧田と言う若頭と禁断の恋に落ちてしまった玲子。(BL設定的だな〜)
    最後は悲し結末なのですが。あれだけ頑張ってた菊田は〜ショックな私
    牧田はグイグイひっぱる男らしい玲子のドストライクな男だったわけで、菊田から好きって言われるの待ってるもんな。
    菊田派の私は非常に残念です。
    もはや、菊田は圏外なんでしょうか〜あの頃が懐かしいという気分です。
    恋愛小説ではないのでそこに文句をつけるべきではないのですが、警察小説で恋愛も少し入ってるよってので菊田との関係を読んでるのが私としては楽しかった。
    菊田がハッキリしなさ過ぎるキャラで終わらせてしまうのでしょうか、もとから恋人同士に発展しない設定だったのか、ちょっと菊田がでないともう読まなくても良くなってきちゃいます。
    続編はあるんでしょうか?
    驚きだったのは変なところでホモ要素が、もっと詳しくそこを書いてほしかった。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    booklog
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」